「逃げよう」社会に絶望する時とは?職場の問題への対処法6選とは?

「逃げよう」社会に絶望する時とは?職場の問題への対処法6選とは? Work

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

社会で仕事をしていると、社会の理不尽さに絶望してしまうことがありますよね。

そんなときに、周りの人に頼ることもできずに、一人で抱えてしまう人も多いと思います。

今回の記事ではそんな悩みを抱えている人に「仕事に絶望した時の対処法6選」を紹介します。

仕事で絶望を感じる時の対処法

社会で生活を続けていると、時には理不尽なこともあり、メンタルが折れてしまう。

そういった経験をしたことがある人も、この記事を読んでいる人の中にはいることでしょう。

そんな社会で絶望する瞬間6選の対処法を紹介していきます。

①業務量が多く残業が続く

人手不足などが原因で、仕事の業務量が多くなり、必然的に残業が発生している。

そんな環境で働き続けていると、睡眠時間の低下などから体調不良になり、更に仕事に集中できない悪循環に絶望してしまいます。

業務量が多い時の対処法は、

上司や幹部に人を増やしてほしいこと伝えましょう。

理由を話したうえで、何も改善されないような会社の場合、会社から離れることも考えましょう。

プライベートの時間を守れるのは自分自身でしかありません。

②誰からも評価されないとき

頑張っているのに誰からも評価されない

いわゆる褒められて伸びるタイプの人の特徴でもありますが、仕事を頑張ったり成果が発生したときに誰も認めてくれない、褒めてくれない。

どこまで頑張っても誰の役にも立っていないような気がして、自分はなんのために働いているんだろうか?

そんな気持ちを抱えてしまいます。

人は誰かに認めてもらいたい承認欲求が強い。

認めてもらえることは頑張る気力になるので、全く評価されない環境に身を置いていると、心が沈んでいき、最終的に「退職のきっかけ」にもなります。

そんな時の対処法は身近な友人や家族に、今日はどんな仕事をしたなど、フランクに会話をしていくことが効果的です。

会社の人が評価してくれないなら、日々の仕事を共有できる友人や身近な人に話して、プライベートの時間を充実させましょう。

きっと貴方を認めてくれる人は必ずいます。

とはいえ、職場で認められないと昇格などにも響きますので「自分がこの会社では成長できない」と感じる場合、自分の身を置き換える考えが必要です。

③仕事に将来性が感じられない

職場に毎日通い仕事をしているが

仕事に未来性を感じられない

このままで良いんだろうか?

業種にもよると思いますが、将来性がない職場や業種で働いている事で、自分の生活が不安定なるかもしれない。

そんな不安を抱えながら、日々の仕事と葛藤していると精神がすり減ってしまいます。

解決策としては、自分のスキルを磨いて専門職に転職したり、安定的に利益を出している企業や業種に転職する必要があります。

他にも安定しない職場で仕事を続けながらも「フリーランス」として副業で収入を作っておくこともおすすめです。

④上司のパワハラが酷過ぎる

上司のパワハラが酷すぎて耐えきれない

そんな話もよく聞きますよね。

私が以前働いていた職場でも、指示や間違えた時の指摘が強い上司がいました。

そのような上司に目をつけられているのなら、即座に退職する事が大切です。

とはいえ、退職はどうしてもできない・・。

そんな人は最後の手段だと考え、上司より立場が上の部長や社長に気持ちを話せば、親身になって話を聞いてくれるでしょう。

そこでパワハラ上司の肩を持つような事があれば、次の手を離れることのみです。

⑤仕事が全く楽しくないとき

仕事が全く楽しくない

自分が何の為にこの仕事をしているのか分からない。

そんな時は毎日が憂鬱で虚しくなりますよね。

改善策としては、仕事を楽しそうにしている周りの社員や同僚に「楽しむために何を意識しているのか」を聞いて見るのも1つの方法です。

もう1つの方法は自分の本当にやりたい仕事を知る事が大切です。

仕事の選び方が分からない人には、本当に自分がしたい仕事を決める方法を記事にまとめておりますので、こちらをご覧ください。

「仕事の選び方が分からない」本当に自分がしたい仕事を決める方法!
将来自分が仕事にしたい事が分からない。特に高校生や大学生の人は進路を決める必要があるので悩みますよね。「自分のやりたい仕事なんて分からない」1人で進路について悩んでいても前進出来ません。実際に転職活動に成功させた私が「仕事を選ぶために必要なこと」を紹介していきます。

⑥給料が低くて生活が厳しい

会社から振り込まれる給料に満足していない。

業務量に対して給料が見合っていないなど、そのような状況が続いていると、考えるのも疲れますよね。

特に自分の将来も不安定になることから、

給料は働くうえで最も大切な部分」でもあります。

給料が極端に低かったり、残業代がもらえないなどの職場の場合、転職を考えるのも選択の1つです。

社会で働いていると必ずと言って良いほど理不尽な事があるので、何度も挫折してしまうと思いますが、しっかりと問題と向き合うことによって解決する事が可能です。

少しでも転職を考えている人には、キャリアアドバイザーのサポートを無料で受けれるリクルートエージェントを利用しましょう。

私も転職の経験があります。

転職に挑戦する際にはリスクに悩み、慎重になっていましたが、転職先の会社でもよくして頂き、今はとても充実した生活を送っております。

行動をすれば必ず報われる

私の過去の経験にはなりますが、

ブラック企業に勤めていた経験があります。

その時の話を退職代行を使ってブラック企業を退職した話にまとめておりますので、是非こちらをご覧ください。

【実体験】退職代行を使ってブラック企業を即日退職した話。
明日にでも会社を辞めたいと思っていませんか?この記事では「私が会社を辞めると決断した理由」と「退職代行を使ってどんなメリットがあったのか」を説明いたします。会社に言い出せない人は退職代行を利用しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆さんが挫折や絶望を乗り越え、少しでも良い未来が掴めることを祈っております。

次の記事でお会いしましょう。

ガネ者Twitter@ganeja_

コメント

タイトルとURLをコピーしました