仕事への「プレッシャー」がつらい!気持ちの対処法7選を紹介します

仕事の「プレッシャー」が辛い。 Work

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

仕事へのプレッシャーを感じて、会社に行くのが憂鬱になること、社会人なら1度は経験したことがあると思います。

実際に私もミーティングの前日や、ノルマの達成をできなかった月は、会社に行くのが辛いと感じた事があります。

今回は『仕事へのプレッシャーが辛い』と感じている人に、プレッシャーを乗り越える方法を紹介していきます。



プレッシャーはどうして感じるのか?

仕事をしていくうえで、業務を任されたりすることは光栄な事ですが、あまりに負担を感じすぎた時に『プレッシャーはストレス』になります。

ノルマの達成や期待に応えられない

自分に任せられた仕事で、規定のノルマや上司の期待に応えられないかもしれない…。

この様なプレッシャーがストレスに繋がります。

特に真面目な人は責任を感じすぎて、自分を追い込んでしまうことがあります。

人間関係が原因

人間関係が原因でストレスになる事もあります。

上司や同僚との関係がうまくいっておらず

一緒の空間にいる事がプレッシャーに

そんな悩みがある人もいると思いますが、改善策としては、相手はそんなに自分に興味がないと思い込む事です。

自分がネガティブ思考になりやすいと感じる人は、ネガティブな思い込みを辞める方法を記事にしておりますので、こちらからご覧ください。

プレッシャーに立ち向かうには

プレッシャーに打ち勝つ方法はあります。

過去に私も『舞台役者の経験』があるため、舞台に立って人前で話す時のプレッシャーに立ち向かえる精神を鍛えてきました。

悩んでいる人でも、プレッシャーに勝てる効率的な対策を見ていきましょう。

①自分の弱点を知っておく

自分を分析することによって、

自分の弱点を知っておきましょう

どんな時にプレッシャーを感じてしまうのか、1番苦手な状況や仕事は何か?

それを知っておくことによって、気持ちを落ち着かせて取り組むことができます。

更に弱点を知ることで、弱点を補うこともできます。

自分の弱点を知るには

不安だと感じる仕事」を書き出しましょう。

何項目か出てくるはずです。

その仕事や状況になった時に、自分がどう立ち回ればストレスを感じることなく過ごすことができるのか、事前に知っておきましょう。

正直に苦手だと認識し、対策を考えていれば、必ずプレッシャーに打ち勝てます。

準備をしているからこそ、

得意分野になることもありますよ。




②目標を細かく分けてみる。

責任がある仕事を背負った時には、大きな課題に見えますが、仕事の目標を細かく分けてみましょう。

大きな仕事でも、チェックリストを作成し『1つ1つクリアしていけば終わる』と考えれば、プレッシャーに感じることはありません。

チェック項目を埋めていくだけです。

このように目標を細かく分けることによって、自分の背負っているものが、解決できる内容の仕事だと再認識して、挑戦していきましょう。

③期待されてると感じるのは思い込み?

上司の期待に応えようとしてませんか?

期待に応えることは大切ですが、今できる全力で立ち向かう姿勢が大切です。

上司に頼まれたから』と背負いすぎると、必ず自分の首を絞めてしまいます。

自分の持っているパフォーマンスを

最大に発揮するだけで良いんです。

基準を上げずに対応できる範囲で、正直に課題に向き合ってみましょう。

きっと気持ちが楽になるはずです。

④達成した姿を想像する

達成した時の姿を想像」してみましょう。

責任ある仕事や課題をこなした姿は、更に仕事をこなせる頼れる人になっているはずです。

期待に応えられれば、

昇格だって夢ではありません。

ポジティブに考えることによって、プレッシャーではなく、ワクワクに変換していきましょう。

諦めずに足掻けば、何事も達成できる。

自分の全力でやれば良いんだ。

そう考えて前に進んで行きましょう。



⑤人間は誰でも失敗すると考える

人間は誰でも失敗する』と考えましょう。

有名なイチロー選手でも、実際に失敗したことがあり、誰しも人間は失敗すると考えることによって、プレッシャーが怖くなくなります。

そもそもの前提として、失敗をしても良いと考えて生きていくことが大切です。

失敗を繰り返すことによって、成功の確率が上がっていき、最終的に失敗しない方法を編み出して、成功することができます。

今の自分にとって大きな課題でも、将来の自分にとっては小さな課題かもしれません。

将来的に成長した自分の姿を考え、ポジティブに行動していきましょう。

⑥プレッシャーは誰でも感じる

単純な話にはなってしまいますが

プレッシャーは誰でも感じます

周りの上司や、社会で戦っているサラリーマンも、みんな感じていることなので、特に自分が怯える必要はありません。

プレッシャーを感じるのは当たり前と考えることによって、前向きに立ち向かう事ができます。

⑦人間関係からのプレッシャーの場合

鋭い意見の伝え方をしてくる上司がいる場合、

自分の「精神的な問題ではない」かもしれません。

かなり癖がある人も世の中にいるので、プレッシャーに耐えられないのは、自分のせいじゃないかも?

そう思っている方は、転職という道を選ぶのも選択肢の1つです。

実際に私も耐えきれなくて、会社を転職した事があるので、ストレスを抱えるぐらいなら、転職の道をおすすめします。

転職サイトを見るだけでも「自分には他にも道があるんだ」と考えて、気持ちを落ち着かせる事ができるので、他の会社の求人を見てみましょう。

転職サイトなら大手のリクルートエージェントです、一般には公開されていない非公開求人から、無料のキャリアアドバイザーのサービスを受ける事ができます。

私の考え方ですが、

ストレスを抱えるなら転職です。

足が踏み出せない人は、私が退職代行を使ってブラック企業を辞めた話を読んでみてください。

【実体験】退職代行を使ってブラック企業を即日退職した話。
明日にでも会社を辞めたいと思っていませんか?この記事では「私が会社を辞めると決断した理由」と「退職代行を使ってどんなメリットがあったのか」を説明いたします。会社に言い出せない人は退職代行を利用しましょう。

皆さんが少しでもプレッシャーから離れ、幸せになれる事を祈っております。

また次の記事でお会いしましょう。

ガネ者Twitter@ganeja_

コメント

タイトルとURLをコピーしました