「有利になる」面接の志望動機で面接官の目を引く方法は?転職活動に

「有利になる」面接の志望動機で面接官の目を引く方法は?転職活動に Work

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

今回は、転職の際に必要な「面接官の目を引く志望動機」を紹介したいと思います。

志望動機をしっかり書き込むことによって、仕事へのやる気や、意欲を面接官に上手く伝える方法を紹介していきます。

面接官の目を引く事によって

面接に受かる確率をアップさせていきましょう。




企業が求めている人材を理解しよう。

応募先の企業が「どんな人材を求めているのか」をしっかり見極め、面接に向き合っていきましょう。

求めている人材をイメージしたうえで、自分がその人材であるようにアピールしていきましょう。

そうすることによって、この人材は即戦力になる、会社が求めている人材に当てはまっている。

そのように面接官に感じさせるする事ができます。

注意点ですが、上部の言葉だけだと入社してから火傷するので気を付けましょう。

言葉にするには、それなりの能力も必要です。

過去の経歴を上手く伝える。

過去の経歴を上手く伝える

過去の経歴をうまく伝えるとは、この会社に就職することによって、前職で得た何を生かせる事ができるのか、明確に伝えていきましょう。

そうすることによって、入社してからの活躍や、

仕事ぶりをイメージさせることができます。

前の会社では、このような仕事をしていた為、応募先に入社してから、このような仕事に貢献していきたいと思っている。

その考えを面接で伝えることによって、他の応募者より面接官の目を引くことができます。

応募先の企業の魅力は?

応募先の商品や魅力を把握しておく

把握する事で面接でも有利に立つ事ができます。

企業の商品によっては、拘っている点が多い商品もあると思います。

応募先企業の「商品の拘り」を面接官に伝えることによって、面接官の目を引くことができます。

ウェブサイトに書いてある商品のPRや、商品ページに載っている情報には目を通し、アピールポイントに対して魅力を感じたなど、

具体的な話を面接官に伝えること。

会社の商品の魅力を知ったうえで面接に来ている人材、念入りに調べてくれている人材など、良い人材だと感じさせることができます。

そのように1手間加えることによって

自分の立場を有利にすることができます。




その会社に入社して何をしたい?

自分の将来のビジョンが明確になっているか

その会社に入って、自分のしたいことや、このような仕事で貢献したいことを明確に伝えることによって、意欲がある人材だと思われます。

2~3年後に自分がどのようになりたいかを、明確に伝えることによって、入社してからも前向きに仕事に取り組める人材かを想像させることができます。

会社に入って学びたいと思っています。

上記のように伝える人も多いのですが、具体的に貢献できる内容を伝えた方が採用率を上げられます。

会社から教えてもらう人材ではなく

会社に与えられる人材」だと伝えましょう。

有利になる話していきましたが、面接の40%は志望動機で決められると言っても過言ではありません。

能力重視な企業もありますが、

人柄で採用している企業も多くあります。

能力があることに越した事はありませんが、やる気や意欲を伝えることによって、面接で受かる確率を上げていきましょう。

就職先に迷っている方は、リクルートエージェントで転職先を探すのもおすすめです。

他の求人サイトより「非公開求人」が多く掲載されており、無料で企業からのスカウト、キャリアアドバイザーのサポートを受けることができます。

自分の人生の選択肢を広げるためにも

非公開求人を見ることをお勧めします。

私が転職に利用したおすすめの転職エージェント2選を記事にしておりますので、こちらもご覧ください

おすすめの転職エージャント2選!新しく転職活動を始める人は必見!
転職活動に転職エージェントは利用していますか?この記事では私が「本当に利用して良かった」転職サービス2選を紹介しております。転職活動を始める方はサポートが充実しているエージェントサービスを利用してみましょう。

志望動機を明確にして

有利な面接をしていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次の記事ではお会いしましょう。

ガネ者Twitter@ganeja_

コメント

タイトルとURLをコピーしました