部下を上手く動かせる上司がしている仕事の任せ方【理想の指示とは】

部下を上手く動かせる上司がしている仕事の任せ方【理想の指示とは】 Work

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

部下との関係が上手くいかない。

関係性ができてない事で指示がしにくい。

部下を抱えている事が悩みになっている人に

今回は理想の指示の出し方を紹介します。

理想の指示」を出すことによって、良い部下との関係を築きましょう。

①部下を動かせる仕事の任せ方

部下と良い関係を作ることによって、部下を動かす事ができている人が気をつけているポイントは『指示の出し方』です。

理想の指示を出すためにも、部下との関係が悪化する指示の出し方を知っておきましょう。

1.部下との関係が悪化する指示

部下との関係が悪化する指示をしていませんか?

【悪化する指示の例】

・この書類まとめといて

・契約先のお客様に商品を提案しといて

・何時から部署会議だから宜しくね

上記のような指示です。

部下に命令を出して行動させる事が基本ですが。

このような指示をしている場合、

注意する必要があります。

一件、当たり前のように見えますが。

指示⇨命令」になっていませんか?

新人や部下と良い関係を作れている上司の指示には、ある特徴があります。

次は理想的な関係を作れる指示を具体的に紹介して行きます。

2.理想的な関係を作れる指示

具体的に良い関係を作れる指示とは『部下に相談』をすることです。

持ちつ持たれつの関係を作りましょう。

『良い関係を作れる指示の例』

契約先のお客様に商品を提案しようと考えているんだけど、この商品で良いと思う?

そこで話し合った結果を、お客様に伝えてもらっても良い?と指示を出します。

理想的な関係が作れる指示は、仕事を命令するのではなく『部下と一緒に決めていく』事が大切です。

②上司は部下を頼る事が大切

頼られていると実感している部下は、自然と上司を支援しようと考えます。

上司を支援するには、仕事の把握をしないといけない事はもちろん、任せられるように「仕事を覚える努力」が必要になります。

上司が部下を頼るような指示を出すことによって、更に業務はスムーズに進むようになり、職場のチームワークも向上します。

自分1人で解決できる力も大切ですが、良い組織作りの為にも、部下を頼る習慣をつけましょう。

③感謝の気持ちを伝えて信頼に

お願いした指示を受けてくれた部下には『感謝』を伝えましょう。

良い関係を作れる上司には、

感謝の伝え方が上手な特徴もあります。

しっかりと丁寧に感謝を伝え、

部下の信頼を得ていきましょう。

理想的な関係を作れる上司は

部下に「指示ではなく⇨相談をする

仕事を終えた部下には「感謝」をする

上記の2つを意識して行いましょう。

明日から実行することにより、部下との関係を変えられる方法ですので、上司の皆さんは実行してみてください。

そもそも人と話すのが苦手な人には、コミュニケーション能力を上げる5つの方法や。

コミュニケーション能力を鍛える5つの方法を紹介!順番に学んで行こう
コミュニケーション能力を上げると、人間関係が円滑になるだけではなく様々な幸運を運んでくれます。今回は、コミュニケーション能力を上げたいと考えている方に、私が実際にコミュニケーション能力を向上させた「特訓方法」を紹介します。

新人が退職してしまう悩みを抱えている人には、新入社員が研修1日目に辞めたくなる理由を記事にしておりますので、是非ご覧ください。

新入社員が研修1日目に会社を辞めたくなる理由【実体験】
就職活動を終え、会社に就職した新入社員。会社に出勤したのは良いものの「初日の研修で心が折れてしまった」そんな経験をした事がある人は多いと思います。会社の雰囲気なのか人間関係、多忙な業務が影響なのか、今回は何故新入社員が辞めてしまうのかを話して行きます。

ガネ者Twitter@ganeja_

コメント

タイトルとURLをコピーしました