仕事が出来ない上司の見分け方と特徴を紹介!一緒に仕事をするのは大変

仕事を出来ない上司の見分け方と特徴を紹介!一緒に仕事をするのは大変 Work

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

新しい職場に入ったばかりの人は

どの先輩に従うべきなのか?

できれば仕事が出来ない上司ではなく、自分の未来の為にも仕事ができる上司に教わり、効率的に仕事をこなしている人の技を吸収したいですよね。

今回の記事では「仕事を出来ない上司の見分け方」を私の経験談も含めて紹介していきます。

仕事が出来ない上司の見分け方とは

仕事が出来ない人には「ある特徴」があります。

特徴を知ることによって、仕事が出来ない上司の下で働く事を避けていきましょう。

①仕事の効率を考えていない。

仕事の効率を考えていない上司は

残念ながら仕事ができるとは言えません。

同じ作業を繰り返しながらも

自動システムを投入したり、スムーズに業務を進行できる方法を考えだせる上司が「本当に優秀な上司」だと言えるでしょう。

②仕事に対する意欲がない

あなたの周りにも居ませんか?

私が働いてきた職場に1人はいました。

良くも悪くも「仕事をサボろうとする上司

でもちょっと仕事ができたりする。

仕事ができたとしてもいざという時に、手伝ってくれない上司のパターンでもあります。

君なら別に頼らなくてもできるでしょ

そんな貢献意欲のない上司は

いざという時に頼れないため

仕事が出来る上司と言い切る事はできません。

研修がない実戦形式の会社などにも、そのような上司が居る特徴があります。

もしかしたら記事を読んでいる人も出会ったことがあるかもしれません。

③上下関係に厳しい上司

上下関係に厳しい上司は、基本的には仕事ができるように思われるかもしれませんが、

人間関係を気にするため、いざという時に意見ができなかったりします。

社長や管理職に嫌われたくない

そのような考えから、上には媚を売り

部下には厳しく発言をする特徴があります。

結果的に部下の信頼を得ることができないタイプでもあります。

嫌われるのを避ける為、業務の改善を管理職に伝えに行けない人も同じです。

良い人材の多くは「自分の意見や業務の改善になることは迷わず発言」していきます。

そのような上司なら頼れる上司だと思えますよね。

④指示をしてこない

新入社員に指示をしてこない。

そのような上司も多く居ます。

いわゆる「面倒見が悪い上司」です。

仕事を教えてくれる気配もなく

あまり話しかけても来ないタイプで、一緒に仕事をするには少し肩身が狭いと感じます。

決められた作業や業務があれば問題ありませんが

新人の社員を見て見ぬふりして、指示をしてこない上司は頼れる上司とは言えませんよね。

仕事ができる上司の下に行こう。

仕事ができる上司は仕事への容量もよく、的確に指示を受け渡すことができます。

自然にそのような立ち振る舞いができるからこそ、周りに尊敬されている存在になります。

優秀な上司を見抜く方が「仕事を出来ない上司を見つけるより簡単」かもしれませんね。

仕事が出来ない上司が居る場合

仕事が出来ない上司が、自分の直属の上司の場合は、相手の態度によって、職場を変えるのも道です。

私は前の職場で「パワハラで社員を退職させる上司」などを見てきました。

そのような現実に向き合っている人は、退職の道を選びましょう。

精神的にストレスを抱えてしまってはいけません。

私もブラック企業から転職した経験があり

その時の話を、ブラック企業を退職代行を使って退職した話にまとめてありますので、体験談が気になる人はご覧ください。

【実体験】退職代行を使ってブラック企業を即日退職した話。
明日にでも会社を辞めたいと思っていませんか?この記事では「私が会社を辞めると決断した理由」と「退職代行を使ってどんなメリットがあったのか」を説明いたします。会社に言い出せない人は退職代行を利用しましょう。

もちろん、退職する際に生活を崩さないために、転職先を決めておく事がおすすめです。

私が転職に利用した転職サービスはリクルートエージェントです。

転職サイトの中でも「非公開求人」が多く求人の90%を占めています。

自分の道を広げられる機会になったので

皆さんも利用する事をおすすめします。

最後のまとめになりますが

仕事が出来ない上司は

残念ながらほとんどの会社に居ます。

少し諦めて受け入れることも必要なので

出来る限り関わりを避けながら、自分磨きを続けていれば必ず良いことがあります。

影響を受けないように

自分の人生を楽しんでいきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

ガネ者Twitter@ganeja_

コメント

タイトルとURLをコピーしました