転職のタイミングが分からない!転職にベストのタイミングがあるのか?

転職のタイミングが分からない!転職にベストのタイミングがあるのか? Work

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

転職のタイミングが分からない。

実際に転職する目的にもよると思いますが、転職するタイミングは難しいですよね。

今回はそのような悩みを抱えている人に「転職にベストなタイミング」について話していきます。

転職する理由を明確にしよう

転職をする際には、転職する理由や目的を明確にしたうえで行動していきましょう

人によって色んな理由があると思いますが、

同業界の仕事でキャリアアップしたい。
他業界へのキャリアアップをしたい。
結婚や家庭の事情で引っ越しが必要。
会社の業務量が自分に見合わなくなった。

上記のように具体的な理由があると思います。

自分が転職する理由を明確に決めておくことで、後の行動が決まってきます。

それでは上記の4つの中で、適切なタイミングを説明していきます。

①同業界でキャリアアップをしたい

同業界での転職は、実務経験として働いていたことがあるので、正直な話をすると採用率が高いです。

即戦力になれる人材を企業は求めています

面接では自分がこの会社に貢献できる人材なのか、面接官にしっかり示していきましょう。

同業者でキャリアアップをしたい場合は、勤めている会社を辞める前に転職活動しておくことがおすすめです。

ブランクを短くすることにより、更に即戦力だと認識させていきましょう。

ブランクがある場合でも、転職期間をうまく利用して、前職の業務以外にも色んなスキルを学ぶことにより、転職に有利に動くことができます。

面接の志望動機で面接官の目を引く方法を記事にまとめておりますのでぜひこちらもご覧ください。

「有利になる」面接の志望動機で面接官の目を引く方法は?転職活動に
転職の際に必要な「面接官の目を引く志望動機」を紹介したいと思います。志望動機をしっかり書き込むことによって、仕事へのやる気や意欲を面接官に上手く伝える方法を紹介していきます。面接官の目を引く事によって面接に受かる確率をアップさせていきましょう。

②他業界でキャリアアップをしたい

他業界でキャリアアップをしたいなら

年齢は若い方が良い

面接でも、今までのキャリアや経験を説明しますが、1からの学びになりますので、企業はできる限り若い人材を採用したいと考えているはずです。

面接のアピールでは、仕事への熱意や自分が経験してきた事で、生かせることを説明しましょう。

転職のタイミングとしては、前職で働いているうちに転職活動することをお勧めしますが、1度自分が本当にチャレンジしたいことなのかを考えましょう。

勢いだけで転職活動をして「慣れている今の会社を辞めてしまう」というパターンを避けるためにも、時間をおいてゆっくり考える必要があります。

③家庭の事情で転職が必要になった

家庭の事情や結婚が理由で引っ越しが必要に。

そんな状況になった人もいると思います。

これに関しては、明確に期限が決まっているため「嘘偽りなく上司に説明したほうが無難」です。

仕事が忙しい時期は避けたいので、時間があるタイミングで退職をする機会を見つけましょう。

きっと上司に話したタイミングで

この時期なら退職してもらっても大丈夫だ。

そのような話し合いになると思うので、出来る限り家庭の事情で転職が必要になったときには、嘘偽りなく伝えましょう。

④仕事や会社が合わなくて転職したい

仕事や会社の環境が悪くて

転職したい人は世の中に沢山いると思います

正直このパターンが1番ストレスにも繋がります。

仕事や職場の人間関係は自分の人生の中でも、最も長い間付き合っていく環境です。

その環境にストレスを感じている場合は、タイミングよりも自分の精神を優先することが大切です。

もちろん会社が忙しくない時期に退職することは大切ですが、自分がストレスを感じていてしんどい。

そのような状況になっている人は、

すぐに転職先を探しましょう。

私が転職活動に使った転職サイトはリクルートエージェントです。

公開されている求人のうち「90%が非公開求人」となっております。

実際に誰もが聞いたことがある大手企業も求人を掲載しておりますので、自分の人生の選択肢を広げたい人はリクルートエージェントの登録が必要です。

ストレスを感じている状態で、なかなか会社に退職を伝えることができなかった私は、過去に退職代行を使って会社を退職した経験があります。

その時の体験談は退職代行を使ってブラック企業を退職した話にまとめておりますので、そちらもぜひご覧ください。

【実体験】退職代行を使ってブラック企業を即日退職した話。
明日にでも会社を辞めたいと思っていませんか?この記事では「私が会社を辞めると決断した理由」と「退職代行を使ってどんなメリットがあったのか」を説明いたします。会社に言い出せない人は退職代行を利用しましょう。

長々と話してきましたが、今回の記事では転職する理由を明確にすることや、転職するタイミングを具体的に話していきました。

会社が忙しくないタイミングや自分の精神的な問題にあわして向き合っていきましょう。

とは言え、転職は明るい未来を作るため、考えすぎも良くありません。

下向きにならず、前向きに行動していきましょう。

行動の先にきっと良い未来が待っています。

また次の記事でお会いしましょう。

ガネ者Twitter@ganeja_

コメント

タイトルとURLをコピーしました