新入社員が研修1日目に会社を辞めたくなる理由【実体験】

新入社員が研修1日目に会社を辞めたくなる理由【実体験】 Work

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

就職活動を終え、会社に就職した新入社員。

会社に出勤したのは良いものの

初日の研修で心が折れてしまった

そんな経験をした事がある人は多いと思います。

何故、新入社員が1日で辞めたくなるのか。

会社の雰囲気なのか人間関係、多忙な業務が影響なのか、今回はそのような話を具体的にしていきたいと思います。




①新入社員1日目に辞めたくなる理由

私の実体験も含めて話していきます。

1.情報量からのパンク

1日目の研修から新入社員に複数の業務を教え込むと『情報量の多さからパンク』してしまいます。

覚えた内容が頭の中で整理できてない状態で、次の仕事を説明していないでしょうか?

会社によっては給料を払っているんだからサボられては困る。と言った考えで、新人にスパルタ研修をしてしまう会社があります。

教育担当の人にありがちですが、新人の立場になって、複雑な業務は慣れるまで、時間をかけて研修していきましょう。

2.会社の雰囲気が問題?

会社の雰囲気が思っていた社風と違う。

アットホーム過ぎる。

静かすぎて上司への質問も緊張する。

など、上記のような事が原因です。

社員の仲が良い事で休憩も

新人が1人になれる時間がない

静か過ぎて落ち着けない、肩身が狭い会社で今後もやって行けるのか、新人には不安要素になります。

3.初日からお客様対応

飲食店でもないのに

初日から接客や電話対応を任せる

これは少し酷い内容かもしれません。

まともな研修も無しにお客様の対応をさせる事が会社にとってもデメリットです。

しっかりと研修を行い、挨拶や決められた台詞を言えるかどうかなど、パターンに分けて教育担当がしっかりと研修を行わないといけません。

せめて台詞を教えて、1日時間をあげましょう。

特に新人への無茶振りは、精神的に追い込むパワハラに近い行為だと考えております。

4.時間外労働・サービス残業

研修初日から残業がある

募集要項には9時出社と記載されているのに、8時半に来いと言われた。

そのうえ蓋を開ければサービス残業…。

伝えられていた部署と違う…。

上記のように、募集内容の記載と違う指示を出していないでしょうか?

新人からすると、内容が少し違うだけでも裏切られたような気持ちになります。

このアイスはソーダ味です。

と書いてあるアイスを買って、チョコ味だったら嫌な気持ちになりますよね。

募集要項の内容をしっかりと確認したうえで、新人を教育していきましょう。

5.朝礼でスピーチなどがある

朝礼でスピーチや目標を発表する事は「新人のストレス」に繋がります。

人前で話す事が得意な新人もいるでしょうが、知らない人に囲まれて発表することは、非常に難しいことです。

せめて研修が1ヶ月経過してからに変更するなど、出来る限り新入社員の負担を減らしましょう。




②会社を変える方法はないのか?

結論から言ってしまえば、このような会社を変えることは難しいと考えています。

原因は『慣れきった社員が居ること』です。

新入社員が1人退職してやっと気がつくようなパターンだと思います。

中には『根性がなかった』などと新入社員の責任にして何も学ばない教育担当もいます。

新人が退職する事は会社側の責任です。

しっかりと退職理由を把握して、次の新人にはその様な体験をさせないように努めましょう。

③会社に退職を伝えられない場合

辛い事に、退職を伝えられない人も居ると思います。

私も1年以上働いた会社に「伝える事ができない経験」をしたことがあります。

伝えられない人は、私が退職代行を使ってブラック企業を退職した話という記事を書いてありますので、こちらからご覧ください。

【実体験】退職代行を使ってブラック企業を即日退職した話。
明日にでも会社を辞めたいと思っていませんか?この記事では「私が会社を辞めると決断した理由」と「退職代行を使ってどんなメリットがあったのか」を説明いたします。会社に言い出せない人は退職代行を利用しましょう。

経験したからこその意見ですが

逃げることも時には大事です。

会社を辞めることが『良い人生のスタート』だと考え、前向きに行動していきましょう。

必ず、貴方にあった会社があります。

ガネ者Twitter@ganeja_

【関連記事】

おすすめの転職エージャント2選!新しく転職活動を始める人は必見!
転職活動に転職エージェントは利用していますか?この記事では私が「本当に利用して良かった」転職サービス2選を紹介しております。転職活動を始める方はサポートが充実しているエージェントサービスを利用してみましょう。




コメント

タイトルとURLをコピーしました