絶体絶命!仕事をサボっていたのがバレてしまった時の対象法を紹介

Work

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

仕事をサボっていることがバレた・・

もはや絶体絶命の危機ですよね。

今回の記事では、息抜きとして仕事をサボってしまうことがある人へ、絶体絶命の状況になる前に「万が一バレてしまった時の対策」を紹介します。

基本的に仕事をサボることはNG

常識的には「仕事をサボることはNG」です。

そんなこと言われなくても分かってるけど、息抜きにサボってしまう。

そんな悩みを抱えている人に、それぞれ3パターンの対象法を紹介します。

外回りのサボりがバレてしまった

外回りでサボりがバレてしまった時の対処法

このパターンは営業の人がしてしまいがちですが、営業ではない皆さんも最悪のパターンを避けるために対処法を知っておきましょう。

①カフェに行っているのがバレた

「カフェに行っているのがバレてしまった」時は、ランチに行っていたことにしましょう。

これが一番安全かつ正当な理由になるでしょう。

2つ目の対策としては、次のアポまで少し時間があったので休憩していたと話すのも理由として良いと思います。

②パチンコに行っているのがバレた

パチンコに行っているのがバレてしまった

これは圧倒的に絶体絶命ですね。

もし入店するのを見られた場合は

トイレを借りていた」ことにしましょう。

正直な話をすると対策はこれしかない。

パチンコに行くことは許されませんが、どうしても通ってしまう人に最低限の防止作を伝えるなら、入店しないと確認できない席に座りましょう。

奥の席でバレた場合は相手も入店していたことになるでしょう。

実際に私が働いている会社でも、営業の人が外回り中にパチンコにいっており、そのことがバレてしまったことで退職になってしまったので、本当に気を付けましょう。

たった1つの欲望で人生を棒に振ることがないように忠告しておきます。

③家に帰っているのがバレた

家に帰っているのがバレてしまった・・

そんな時の対処法は、家族の急用で呼び出されてしまったと理由を話しましょう。

一人暮らしの人の場合、両親が荷物を届けに来てくれたけど鍵が開いていなかったので、開けに帰ったなど、具体的に説明しましょう。

それでは外回りに続いて内勤のサボりがバレてしまった時の対処法を説明していきます。

内勤のサボりがバレてしまった

内勤のサボりは外回りと違ってスマホを触ったり、パソコンで仕事に関係のない調べ事をしていたなどが理由になってくると思います。

そのような「内勤のサボりがバレてしまった時の対処法」を紹介します。

①スマホを触っていたのがバレた

最近は「スマホを触っていたのがバレてしまった」など、このようなパターンが多いと思います。

職場によってはスマホを扱っても大丈夫な会社はありますが、触ってはいけない職場で触っている人もいるでしょう。

万が一バレてしまった時は、正直に謝るのが一番正しい選択かもしれません。

どうしても友人の返信が気になってしまったなど

具体的に説明すると許してもらえるでしょう。

外回りと違って小さなことなので、あまり気にせずに正直に謝りましょう。

②仕事に関係ない画面が見られた

パソコンを扱う仕事をしている人なら、息抜きに仕事とは関係ない内容を検索していたなど、そのようなことをしてしまう事はありますよね。

偶然その画面が見られてしまった

そのような絶望的な状況にならないためにも対策を知っていきましょう。

とはいえ・・スマホのように正直に謝ることがいいかもしれません。

気になって調べてしまいました

正直者は得をするというように、この程度のサボりなら正直に謝りましょう。

きっと見つけてしまった相手も、1度ぐらい仕事と関係のない内容を検索してしまった過去があると思います。

サボることは良くありませんが、ストレスにならない程度の息抜きは必要でしょう。

③居眠りをしていることがバレた

3つの中でも、これが1番良くないと思います。

以前働いていた会社でも居眠りをよくしてしまう先輩がいましたが、管理職の人に毎週のように注意されていました。

自分の体調管理(睡眠不足)などのケアは社会人なら当たり前です。

とはいえ、万が一寝ていたことがバレてしまった場合は、正直に疲れていることを話しましょう。

何か相談に乗ってくれたり、改善策を伝えてくれるかもしれません。

その前に「6時間は寝ることを意識すれば」必然的に解消されるとは思いますので、夜更かしなどの自己管理力を整えることが大切です。

サボってしまう仕事なんて転職しよう。

サボりながら給料が入るのは最高ですが「やりがいがない仕事」を無理にやらないといけない環境にいることが良くありません。

自分の能力も上がらず、

キャリアを積めるわけでもない。

コロナの影響で会社が次々と倒産するなかで、自分のスキルアップができない環境には危機感を持たなくてはいけません。

上場していない知り合いの会社でも、社員3人を募集するために求人を出したら「200人の応募がきた」といっていました。(2020年6月頃)

そんな環境のなかで、万が一のために手に職を付けれる仕事をすることが大切です。

サボってしまうぐらいなら「キャリアアップ」といった転職活動を目指して、人生に活気を付けることも必要です。

私も過去に転職の経験があり、最初は悩みましたが月5万円のキャリアアップを果たせました。

そんな私が利用していた転職エージェントはリクルートエージェントです。

無料で利用できるうえに、キャリアアドバイザーのサポートも受けることができ、転職に悩んでいた私の進路や背中を押してもらえました。

公開されている求人も、一般公開されていない非公開求人が90%を占めているので、求人を見るだけでも人生の選択肢が広がり本当に良かったです。

リクルートエージェントの口コミや評判をまとめた記事がありますので、こちらからご覧ください。

【最新版】リクルートエージェントの口コミや評判は最高?私が利用した体験談
「もっと給料の良い会社に転職したい」転職を考えたときに、最初に思い浮かぶ転職エージェントと言えば、リクルートエージェントです。今回の記事では、そんな大手の転職エージェント「リクルートエージェント」について、実際に私が転職に利用した体験談も含め紹介いたします。

バレたら自分から退職するのもアリ

私の経験談になりますが、朝9時から働いて「深夜まで残業」がある会社で働いていたことがありました。

その会社では次々と人が辞めていき、

最終的に残った社員は私も含め2名でした。

その環境で業務量が増え続けた結果、耐えることができず退職代行を使って退職した経験があります。

その時の経験を退職代行を使ってブラック企業をやめた話にまとめてありますので、会社を辞めようか悩んでいる人はこちらからご覧ください。

【実体験】退職代行を使ってブラック企業を即日退職した話。
明日にでも会社を辞めたいと思っていませんか?この記事では「私が会社を辞めると決断した理由」と「退職代行を使ってどんなメリットがあったのか」を説明いたします。会社に言い出せない人は退職代行を利用しましょう。

まとめにはなりますが

ブラック企業をやめて転職した私は、

給料も増え満足のいく生活をしています。

仕事をサボっている人の気持ちはわかりますが、自分のスキルアップを怠ると、いつか痛い目を見てしまいます。

転職の際に自信をもって経歴やスキルを話せるように「最低限の責任感」は身に着けて置く必要があるでしょう。

ガネ者Twitter@ganeja_

コメント

タイトルとURLをコピーしました