ライターとして正社員になりたい!本業にするために最低限必要なことを紹介!

ライターとして正社員になりたい!本業にするために最低限必要なことを紹介! Work

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

ライターとして正社員になりたい

ライターの仕事はブログを経験していた方や、文字を書くのが好きな人には天職と言えるでしょう。

そんなライターとして働くためには、どんな知識が必要なのか?

今回の記事ではそんな「ライターとして働きたい人」に最低限必要なことを紹介いたします。

ライターとして正社員になるには

ライターとして正社員になるには、

どんなスキルが必要なの?ブロガーなんてやったことないけど、ライターとして働ける?

それでは具体的に、ライターに「最低限必要」なことを紹介します。

①基本的な文章力が必要

ライターには「基本的な文章力」が必要です。

基本的な文章力とは、メールの問い合わせができる程度の丁寧な文章が書ければ大丈夫です。

初心者の人でも1ヵ月働けば自然と身に付きます。

②記事の構成を考える力

記事の構成を考える力」が必要です。

例えば挨拶からスタートして、最終的に何を伝えるための記事なのかを考え、自分で実行する仕事だからです。

ライターは文章の構成作家と言えるでしょう。

とはいえ、一定の経験が身につくとスラスラと構成が思い浮かんできます。

構成なんてわからない・・

そのように考えてしまうと思いますが、不安な人は実際に書きたいこと書いて見ることをお勧めします

③ブログの規則やルールの把握

ブログの規約やルールの把握は必須です。

独学でもいいので、書いてはいけない文章やルールは把握しておきましょう。

会社に入ってから上司に説明してもらう姿勢では、ライターとしても上達できません。

常に情報や変化に対応しながら世の中が必要としている記事を書くことが必要になりますので、規約やルールの把握は徹底しておきましょう。

④与えられた仕事の理解力

クライアントのニーズに答えることが大切です。

会社はどんな読者に届けたいのか?

こんな感じで記事を書いてくれと言われたときに、会社が本当に必要としている情報発信ができるのかは、ライターとして実力の試しどころです。

仕事の理解力を上げるには場数が必要なので、ライターを本業にしたい人は、どんどん仕事を受け持っていきましょう。

1つの経験が未来の自分を救ってくれます。

⑤最低限のSEO知識

最低限のSEO知識」も必要です。

SEOとは検索順位を上げるためのテクニックなど、様々なテクニックがありますが、SEOの知識を理解していれば、会社では大きな存在になれるでしょう。

記事を書いたとしても人に読まれなくては意味がありません。

ブログは記事の内容とSEO対策が全てです。

これらに答えることができれば、会社のニーズも満たすことができます。

未経験募集の会社もあります

ライターを本業にしたい人は

未経験者の募集」もあるので

そのような求人に飛び込んでみるのもありです。

記事を書くうえで、テクニックは多数ありますが、未経験者を募集するということは、記事の質より「1から教えることができる人材」を探しているのでしょう。

熱意が伝われば面接を通過できるでしょう。

面接で有利になる方法を記事にまとめておりますので、就職したい会社を自分の手につかみましょう。

ライターに転職するなら

ライターに転職するなら、転職活動の間にも文章を勉強する必要があります。

私も過去に転職した経験がありますのが、その時は転職することをリスクだと考えておりました。

その不安を解消してくれたのがリクルートエージェントのキャリアアドバイザーの存在です。

転職するか悩んでいた私は、とにかく行動するべきだと思い、リクルートエージェントに登録しました

登録することで見れる求人の90%は「一般公開されていない非公開求人」で、とにかく色んな求人を見たかった私は掲載されている求人を見て驚いたのこと覚えています。

皆さんが知っているような大企業も求人を掲載しているからです。

結果的に私は「キャリアアップ」に成功しました。

挑戦するときの偏見は恐ろしい。

皆さんもライターとして働ける未来をポジティブに考えて行動していきましょう。

リクルートエージェントの口コミや私の体験談をまとめた記事もありますので、こちらをご覧ください。

【最新版】リクルートエージェントの口コミや評判は最高?私が利用した体験談
「もっと給料の良い会社に転職したい」転職を考えたときに、最初に思い浮かぶ転職エージェントと言えば、リクルートエージェントです。今回の記事では、そんな大手の転職エージェント「リクルートエージェント」について、実際に私が転職に利用した体験談も含め紹介いたします。

ライターには招来性がある

まとめになりますが、

ライターには将来性」があります。

コロナの影響で色んな企業が倒産した中、インターネットをターゲットにしている事業では「売り上げが伸びた会社」が多くあります。

ライターは安定した職とも言えるでしょう。

特にライティング術を身に着けると、自分で仕事をとることによって「副業も可能」です。

本業にしながら、そこで得た知識を副業に使っていくことが、実力を伸ばすうえでも最も効率的です。

この記事がライターになるきっかけに少しでもなれば幸いです。

また次の記事でお会いしましょう。

ガネ者Twitter@ganeja_

コメント

タイトルとURLをコピーしました