「明日も仕事に行きたくない」仕事のモチベーションは無理に上げなくてもいい。

「明日も仕事に行きたくない」仕事のモチベーションは無理に上げなくてもいい。 Work

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

仕事が嫌で仕方ない。

正直に言えば今の業務には飽きてきた。

機械的に会社に通うだけなら退職した方が?

長い期間勤務するほど、そのような気持ちになりますよね。

今回の記事では「仕事のモチベーションは無理に保たなくても良い」を話の軸に本業&副業をしている私が、腹を割って話をしていきたいと思います。

モチベーションは保たなくていい?

結論から言いますが

無理にモチベーションは上げなくても良い

無理に上げる必要はありません。

社会人の中には仕事が楽しくて仕方ない!

そう感じながら仕事に出勤する人もいるかもしれませんが、8割の社会人は仕事に出勤したくない思考でしょう。

理由としては人間関係や残業、職場によっては過酷な労働環境や給料に見合わない仕事を続けていると、誰でもしんどく辛くなるはずです。

人間関係はシビやな問題。

特に人間関係は仕事を続けていくうえでも「シビやな問題」ですので、人間関係が問題で会社に行きたくないと考える人も多く居るでしょう。

とはいえ、社会で働いている人の大半は、

コミュニケーションなんて取りたくない。

先輩を立てるのもめんどくさい。

仕事だけ適当にやって、早く家に帰りたいというのが本音だと思います。

そんなに仕事が嫌なら辞めればいい?

仕事が嫌なら辞めればいい?

そう言われてしまいそうですが、周りの目や生活もあるので、簡単に踏み出すことが出来ませんよね。

それでも、もう限界なんだ・・

私も過去に務めていた会社で、社員が次々と辞めてしまった事によって、業務が支えきれなくなり退職した経験があります。

辞めると決断したときには、人手不足で残業も酷くなり、社員は自分含めて2人でした。

社長についていくつもりでしたが、労働者としての限界に達した私は小さな鬱状態になり、退職代行を使って辞める事を伝えていただきました。

その時の話は退職代行を使ってブラック企業を退職した話にまとめております。

【実体験】退職代行を使ってブラック企業を即日退職した話。
明日にでも会社を辞めたいと思っていませんか?この記事では「私が会社を辞めると決断した理由」と「退職代行を使ってどんなメリットがあったのか」を説明いたします。会社に言い出せない人は退職代行を利用しましょう。

私も上記の経験から

限界だと感じている人には退職を進めています。

最悪のケースになる前に自分の身を守ろう。

転職も大きな決断ですが、転職経験者の私からすると悪い環境で働き続ける方がデメリットです。

とはいえ、転職をして分かった事は

完璧な会社なんてない

どこの会社も生き延びるのに必死です。

経営者も私たち労働者と変わらず、自分の生活を守る為に必死なことを理解しましょう。

環境を変えるなら「転職」

もし環境を変えたくて転職を検討しているなら

リクルートエージェントに登録しておけば問題ないでしょう。

公開されている求人の「90%が一般に公開されていない非公開求人」で、キャリアアドバイザーのサポートも無料で受ける事が出来ます。

この条件なら転職希望者の「必須サイト」と言えるでしょう。

結局は耐えるか辞めるかの2択

①その環境を耐えるか

②その環境から離れる決断をするか

結局は上記の2択になります。

結局のところ職場の雰囲気や人間関係などが「1番の原因」だと思います。

サラリーマンである限り、ある程度の理不尽は受け入れなければなりません。

それが嫌なら、本当にホワイトな企業を探すか、フリーランスか経営者を目指すしかないでしょう。

モチベーションが上がらないのは分かりますが、相手を変化させることはできないので、自分が変わる選択をしていきましょう。

仕事にモチベーションがある人の方が特殊です

仕事に楽しさを見いだせる人はとても素敵です。

給料は家族や自分の幸せにもなります。

私は作業量が増えすぎた環境を受け入れられず、転職の道を選びました。

最初は不安でしたが転職は成功し、とても良い環境で毎日仕事をしています。

結論にはなりますが、無理にモチベーションを上げずに、給料をもらうのを楽しみにプライベートを充実させましょう。

どうしても今の環境がしんどい人は

転職の道を考えましょう。

決断は自分の未来を良くするためのものです。

ガネ者Twitter@ganeja_

コメント

タイトルとURLをコピーしました