仕事のLINEでストレスを感じてしまう!プライベートは自分で守ろう

仕事のLINEでストレスを感じてしまう!プライベートは自分で守ろう Work

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

仕事のLINEがストレスになる。

仕事のLINEによってプライベートの時間や、土日に仕事の事を忘れられない。

職場から連絡が来るとストレスになりますよね。

上司から仕事用のLINEグループに招待されたり、交換することによって、勤務時間外も仕事の事を考える時間が増え、プライベートの時間が減る。

そのような悩みを抱えてる皆さんに、今回の記事を紹介していきたいと思います。




①仕事関連のLINEをするデメリット

プライベートの時間まで仕事の話をしたくない

私の周りにもそのような社員が身近にいるので、

仕事のLINEがストレスになっている人の気持ちが、どのような気持ちなのか理解する事ができます。

結論から言うと会社にLINEを教えない方が良い。

連絡が必要な場合、電話で伝えて下さい。

LINEを交換する前に伝える事で対策できます。

LINEによって、勤務時間外でも仕事のことを考る。

本来はストレスを解消する時間、プライベートの時間なので、連絡が多い事はデメリットだと思います。

②女性が注意するべきデメリット

上司によっては「プライベートの時間を束縛してくる」人もいます。

具体的には、プライベートの質問をしてくるなど。

女性の方だと、1度は経験があると思いますが、

男性の上司から休日にLINEが来た経験はないでしょうか?もちろん、連絡が仕事の内容だとストレスが溜まります。

社内恋愛が良い会社だとしても、自分が興味のない異性から頻繁に連絡が来ると、それもストレスになりますよね。

既に交換してしまっている人の対策としては、

既読無視」が最も効果的かもしれません。

プライベートの時間を守る為にも、注意しましょう

③社員としての評価に影響がある?

日常的にLINEを利用している人は分かると思いますが、LINEのメッセージには「既読機能」があります。

LINEのメッセージに対して、対応することも社員の評価に関わってくる可能性があります。

これが1番のデメリットだと考えています。

既読の時間を気にしない上司や、休みの日に連絡を入れて申し訳ない。

そのような考えの上司なら問題ありませんが、意識が高い上司が相手の場合、悪い評価を取られる可能性があります。

評価に関わることによって、早く連絡を返さないといけないプレッシャーから「ストレスになる

強制されない限り、LINEの交換を止めるべきです。

5年10年と付き合う会社だからこそ、ストレスと上手く向き合っていきましょう。




④興味のない会話をされる

他にも飲み会の誘いや、会社の愚痴、プライベートに関する話など

関係ができている社員なら問題ありませんが、仕事とプライベートの線引きができてない相手は注意しなければなりません。

対策としては最初にも話したように、重要な用件の場合、電話をかけてもらえるように伝えましょう。

2つ目の対策としては「LINEはあまり見ない」と伝えておいて、返事が遅れても大丈夫なようにしておく事も効果的です。

LINEが嫌だからといって、会社の上司にLINEを聞かれたら、断るわけにはいかないですよね。

実際に交換してしまった人も多いと思います。

普通にLINEを交換するのは問題ありませんが、プライベートの時間や休日にLINEでの会議がある会社の場合は、距離をおいたほうがいいと思います。

特に仕事を続けていく中で、ストレスは大敵なので、ストレスを感じない環境を自分の力で作っていきましょう。

⑤ストレスを抱えるぐらいなら転職もあり

今の会社環境が自分に合わないと思っている方は、転職を考えた方がいいと思います。

転職活動をするうえでリクルートエージェントは転職サイトの中でも非公開求人が多く、大手のサービスとなっておりますので、おすすめです。

私が転職活動をするときに実際に利用した転職サービスの中でおすすめ2選を記事にしておりますので、転職を考えている人はこちらもご覧ください。

おすすめの転職エージャント2選!新しく転職活動を始める人は必見!
転職活動に転職エージェントは利用していますか?この記事では私が「本当に利用して良かった」転職サービス2選を紹介しております。転職活動を始める方はサポートが充実しているエージェントサービスを利用してみましょう。

今の環境が本当に無理。もう会社に行きたくない。

そのような考えを持っている方は退職を検討していきましょう。

退職するうえで「転職先が決まっている」ことに越した事はありませんが、会社の関係でうつ病になってしまう人もいるので。

仕事より自分の気持ちを優先しましょう。

実際に私も、退職することを会社に伝えることができずに、退職代行を使ってブラック企業を退職した経験があります。

その話も記事にしておりますので、退職代行を使ってブラック企業を辞めた話をこちらからご覧ください。

【実体験】退職代行を使ってブラック企業を即日退職した話。
明日にでも会社を辞めたいと思っていませんか?この記事では「私が会社を辞めると決断した理由」と「退職代行を使ってどんなメリットがあったのか」を説明いたします。会社に言い出せない人は退職代行を利用しましょう。

最後のまとめになりますが

会社の関係者とプライベートの時間に関わる事がストレスになっている人は、できるだけLINEの交換を避けていきましょう。

できるだけプライベートの時間を増やし、

大切な人と過ごせる時間を楽しむ事が大切です。

また次の記事でお会いしましょう。

ガネ者Twitter@ganeja_




コメント

タイトルとURLをコピーしました