空気が読める新入社員が将来有望な理由【新人は会社の未来】

空気が読める新入社員が将来有望な理由 Work

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

研修初日の状況で空気が読める新入。

そのような新人は会社にとって

優秀な人材」になる可能性があります。

今回は、新入社員やアルバイトの研修を担当していた私が、空気が読める新入社員が、将来有望な社員になる理由を話して行きたいと思います。




①空気が読める新入社員とは

具体的に空気が読める新入社員とは

気を使うのが上手な新人』です。

教育担当に少しでも手間をかけないように、職場の雰囲気を素早く読み取って、職場に合わせる力を持っています。

研修初日から職場に馴染んでいるような新人も、空気が読める新人の特徴です。

②将来有望な社員になれる理由

空気が読める新人が、将来有望な社員になれる理由を話して行きます。

1.状況を把握する能力が高い

研修初日や入社1週間目にも関わらず、職場に適した発言や行動をとれる人は「状況把握能力」が高い人の特徴です。

とても器用なことから、仕事を覚える理解力にも優れています。

そのように状況を把握する力を持っている新入社員の成長は、会社の未来に繋がります。

状況を把握できることによって、緊急事態にも動揺せずに対応できたり、新しいサービスを展開する時にも、柔軟に情報を吸収してくれます。

2.周りを観察する力がある

相手に気遣いができる人の特徴ですが、周りの人の特徴や性格を把握しています。

入社当初にも関わらず、気遣い上手な新人は、周りをしっかり観察している『観察力』に優れた人です。

この会社の社風はどんな感じだろう?

あの人はあの社員と仲が良いなど。

常に観察する為にアンテナを張っています。

そのような人材が会社の業務に慣れた頃には、周りからの信頼も厚く、同僚や新人にも良い影響を与えてくれます。

逆にそのような人材になりたい人は、状況を把握する能力と、周りを観察する力を鍛えれば「期待される新人」になれます。




③呆れられた場合は退職に繋がる

空気が読める新入社員は「本能的に賢い」人間であることに違いありません。

賢いがゆえ、会社や上司として呆れられた場合、退職につながってしまいます。

謙虚で人当たりが良く見えますが、社内の雰囲気や、求人の募集要項と別の規約があるなどが理由で、呆れられた時には退職を選択します。

もちろん、他の職場で上手くやっていける自信があるからこそです。

この子は仕事ができるから、挨拶をしっかりしている新人だから大丈夫と勘違いしてはいけません。

少しでも軽率な振る舞いをしてしまえば、

優秀な新人の信頼を失う機会になってしまいます。

慣れない場所でも空気が読めるような人だからこそ、モラルや常識に敏感な新人の可能性があります。

教育担当や研修を任せられている人は、研修期間だからこそ「上司だけが判断する立場ではない」ことを意識して、丁寧に対応しましょう。

上手く信頼を得る事ができ、新人が成長した後には、更に成長した会社を見る事ができるでしょう。

ガネ者Twitter@ganeja_

『おすすめ記事』

新入社員が研修1日目に会社を辞めたくなる理由【実体験】
就職活動を終え、会社に就職した新入社員。会社に出勤したのは良いものの「初日の研修で心が折れてしまった」そんな経験をした事がある人は多いと思います。会社の雰囲気なのか人間関係、多忙な業務が影響なのか、今回は何故新入社員が辞めてしまうのかを話して行きます。
【体験談】新人が育たない会社の研修を解説!新人の成長は会社の未来になります
今回は『新人が育たない研修』を話していきたいと思います。実際に企業をして人を雇ってみたけど辞めてしまう。研修が終わったけど仕事を任せられない。そんな経営者や教育担当の人は、これから話す内容を読んで「新人が育ちやすい環境」を作っていきましょう。




コメント

タイトルとURLをコピーしました