仕事をゆっくりする人の特徴5選!自分の為に今日辞めるべき理由を説明。

仕事をゆっくりする人の特徴5選!自分の為に今日辞めるべき理由を説明。 Work

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

日々仕事をしていると

仕事のペースゆっくり過ぎない・・?

そんなことを思う瞬間がありますよね。

今回の記事では仕事をゆっくりやる人の特徴5選と、その改善方法を紹介していきます。

仕事をゆっくりする人の特徴

仕事をゆっくりやってしまう人の特徴ですが

意外と自覚がない人が多くいます。

一生懸命に取り組んではいるのに

様々な理由で効率が悪くなっている。

そんな人の具体的な理由を紹介します。

①マイペースは周りが見えない?

マイペースで周りが見えていない人

あなたの周りにもいるかもしれません。

周りが効率よく進めようとしている中、自分はこのペースがやりやすいからと周りに合わせず仕事をしてしまう。

ゆっくりやってしまっている自覚もなく、改善させるには「仕事を効率的にやる取り組み」などを会社や部署で行い「マイペースな人を巻き込んで作業効率を上げる方法」などが効果的です。

②仕事が丁寧すぎて効率が悪い

仕事が丁寧なのは有難いことですが、仕事には正確さとスピードが必要になります。

社会は厳しいです。

新入社員だと仕方ありませんが、もう半年以上働いている人の場合、問題視されがちですよね。

丁寧なだけでは、どうしても評価されません。

改善法は自分の中で「妥協点が必要」です。

仕事を完璧に仕上げることに

限界があることを知りましょう

人手に余裕があり、仕事も多くない職場なら意識する必要はありませんが、人手不足が進んでいる会社が多いことが現実です。

100%で3つ仕上げるより、80%で5つの仕事を終わらせましょう。

80%でも丁寧にやっていた人の完成度なら、良いものに仕上がっているでしょう。

3重チェックなどの時間を削減して、効率よく仕事を進めましょう。

③物覚えが悪く整理できていない

指示や前日に言われていた事を忘れている

そんな仕事の抜けが多い社員がいますよね。

物覚えが悪い人の特徴ですが、基本的にメモを残していないことがあります。

私も指示や仕事が増えたときには、必ずパソコンのメモに言われたことを記載しています。

多い時は10項目がずらっと並ぶ日もありますが、優先すべき内容から1つずつ解消しています。

そのように物忘れや仕事に抜けがある人は、メモを必ず残すことを意識していきましょう。

④指示を的確に理解できていない

指示を的確に理解できていない人も、

やるべき事を理解していない事から、

仕事の進め方が遅いことがあります。

このような人の問題点は、

人に聞き返すことができない

自分が理解していないことを

伝えることが苦手な点です。

理解していないのに話を進めてしまい、やるべき作業なのかも分からず仕事を始めてしまいます。

そんな人の改善策は理解できなかったことを聞き返すことや、相手から聞いたことをオウム返ししてファミレスの定員のように再度確認することで改善できます。

自分のするべき仕事を明確にして取り組んでいきましょう。

⑤優先すべき仕事を理解していない

優先すべき仕事を理解しておらず、優先度の低い仕事を一生懸命やってしまう人も本来進めてほしい仕事が終わっていないなどの結果に繋がります。

このような人の問題点は明確で、

仕事をゆっくりしてしまうと言うより「優先順位」を付けるのが苦手なのです。

そんな仕事の優先順位についてはこちらの記事にまとめておりますので、是非ごらんください。

明日から職場で使える!仕事の優先順位と判断基準とは?
「仕事の優先順位を正しく判断」して、仕事を効率よく進めていく方法はあるのか?今回の記事では明日から職場で使える仕事の優先順位を正しく判断する方法を紹介していきたいと思います。

意識すれば改善できる

仕事をゆっくりしてしまう人は

意識することで必ず改善することができます。

上記で話してきた改善点や、仕事の優先度をしっかり見極めることで仕事ができる人材になっていくことができます。

仕事がトロいと言われたことがある人は、試してみることをお勧めします。

改善できれば、昇格やボーナスアップも見込めます

意図的に手を抜くのはやめるべき

絶対におすすめしないのは、

意図的に手を抜くことです

なぜ手を抜くのを辞めるべきなのか?

現在の社会では倒産する会社が多く、フリーランスになる人も増えています。

そのような環境で手を抜いていると、最悪の事態になった時に、自分の身を守れるスキルが残りません。

万が一の事態に家族や貴方を守れるのは自分のスキルのみです。

自分に自信をつけるためにも、

実績やスキルを身につけていきましょう。

自分が成長できる仕事をしよう

仕事が全く楽しくない

もっと向いている仕事があるんじゃ?

そのような直観は前面に出していきましょう。

私も過去にブラック企業で働いていた経験があり、多い時は9時出社の深夜3時上がりなど、過酷な労働環境で働いていました。

退職を半年ほど躊躇していましたが、リクルートエージェントに登録して転職活動を初め、その時の気持ちをキャリアアドバイザーに相談しているうちに「自分は転職するべきだ」と意思が固くなっていきました。

働きたくない環境で仕事をしている人には

転職をするべきだと言い切れます。

あの時は毎日残業をして帰っていましたが、今の職場では1時間の残業もしたことがありません。

定時退社で給料もアップしました

リクルートエージェントについてまとめた記事もありますので、利用を検討している人なら、無料サービスなので1度求人を見るべきです。

【最新版】リクルートエージェントの口コミや評判は最高?私が利用した体験談
「もっと給料の良い会社に転職したい」転職を考えたときに、最初に思い浮かぶ転職エージェントと言えば、リクルートエージェントです。今回の記事では、そんな大手の転職エージェント「リクルートエージェント」について、実際に私が転職に利用した体験談も含め紹介いたします。

まとめにはなりますが

仕事をゆっくりしてしまう人や、意図的に仕事をできないふりをしている人は、私のように楽しめる職場に転職することが大切です。

出勤するのも嫌だ・・

そんな環境で仕事を続けていると、

いつか心が枯れてしまいます。

私が退職代行を使ってブラック企業をやめた話も記事にしておりますので、退職する勇気がない人はこちらをご覧ください。

【実体験】退職代行を使ってブラック企業を即日退職した話。
明日にでも会社を辞めたいと思っていませんか?この記事では「私が会社を辞めると決断した理由」と「退職代行を使ってどんなメリットがあったのか」を説明いたします。会社に言い出せない人は退職代行を利用しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

本当にしたい仕事をみつけ、仕事を効率的に進めながら正しい評価をされる。

この記事を読んだ皆さんが、そんな素晴らしい環境で仕事をできることを祈っております。

ガネ者Twitter@ganeja_

コメント

タイトルとURLをコピーしました