「人間の本能に勝てる?」自分の欲求をコントロールするには?

「人間の本能に勝てる?」自分の欲求をコントロールするには? Life

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

おいしい食べ物が食べたい。

かわいい彼女が欲しいなど

貴方も感じている通り、

人間には欲求がたくさんあります。

欲求を抑えながら、自分のできる範囲で生活している、そのような人は多いと思います。

特に人間は欲求に弱い生き物なので、欲求によって判断力が鈍り、常識的に良くない行動をするなど

ニュースでよく取り上げられている事は、欲求に勝てなかった結果、起こってしまったことが多数だと思います。

そんな欲求に勝てる方法はあるのか?

人間の本能に勝てる方法はあるのか?にフォーカスをして、個人的に心理学を勉強している私が記事を書いていきたいと思います。

欲求をコントロールする方法は?

欲求をコントロールする事は

人間として難しいこと」だと考えております。

①おいしい食べ物が食べたい。

②かわいい彼女が欲しい。

③眠たいときには寝たい。

そのような感情は常にあると思います。

欲求の感情を取り除きたいと思っている方は、自分が欲求によって判断したことで、結果的に悪い方向に進んでしまった経験がある。

そのような方々が「欲求をコントロールする方法」を学びたいと考えているはずです。

それでは具体的な欲求の

コントロール方法を話していきましょう。

第三欲求に立ち向かう決意とは

1つ目の方法は、第三欲求を抑えるために「大きな決意」が必要です。

具体的に話すと、大きな目標や夢を持つことが解決策につながります。

実際に行動し自分の甘えを捨てられる人は、欲求に勝てる精神の持ち主です。

本当に叶えたい夢がある人は自分の欲求で行動したりはしません。

例えば、受験勉強をしている時に、友達に誘われて飲み会に行くような人は、欲求に負けていると言えるでしょう。

目標を持つことによって、欲求に負けることなく目標を追い続けることが「コントロールするコツ」でもあります。

自分の目標や夢を持つ事は

身近で挑戦しやすい方法だと思います。

圧倒的な瞑想で心を清める

具体的な方法の2つは

圧倒的に心を清める」ことです。

心を清めると聞いて、少し笑ってしまう人もいると思いますが、お坊さんや教会の牧師さんを想像してみて下さい。

瞑想を通して精神を訓練されている人たちです。

中には誤った行動をしてしまう人もいますが、欲望の感情を取り除くために瞑想を繰り返し、心を鍛えあげる事が効果的です。

これは最も具体的な方法の1つで、本当に欲求を全て取り除きたい人は、圧倒的な瞑想で心を浄化することをお勧めします。

メンタルを鍛えるしかない。

①目標や夢を持ち欲求に惑わされず行動する。

②圧倒的な瞑想で心を清める。

歯を食いしばるなどの小手先のテクニックではなく、私が知ってる中で「最も具体的な方法」の2つとなります。

この話を聞いてもっとメンタルを鍛えたいと思った方は「メンタル最強」精神的に強い人の特徴4選を記事にしておりますので、こちらをご覧ください。

【メンタル最強】精神的に強い人の特徴4選!強くなりたい人の参考に
精神的に強い人は『自分に厳しくできる』人です。自分に厳しくすることによって、目標を現実にする努力を惜しみません。自分に厳しくすることによって、成功する為の努力を続けることができます。 精神を鍛える為にも、時には甘えを捨て、努力をする事が大切です。

自分が本当にやりたい事を知る

欲求をコントロールする上で夢や目標を持つことが大切ですが、自分が本当にやりたい事は何なのか?

この記事を読んでいるような人は、

きっとやりたい事がある方々だと思いますが

学生や仕事など、普段は同じ生活をルーティーンで送っているため、本当にやりたい夢や目標を見つける事は難しくなっています。

自分の本当にやりたいことが分からない時には自分が本当にやりたいことを見つける方法を記事にまとめておりますので、こちらもぜひご覧ください。

自分が本当にやりたいことを見つける方法!夢や目標を追いかける人に
人生を生きていく中で、夢や目標を持ちたい。自分が本当にしたいことが分からない。夢や目標を見つけて、より豊かな人生を目指したい人に、自分が本当にやりたいことを見つける方法を紹介して行きます。

具体的に人間の欲求をコントロールする方法を話していきましたが、本気でコントロールするには、大きな決意や、それ相応の訓練が必要です。

それほど生物的に欲求の存在は強くあります

精神を本気でコントロールしたい人は

この記事を参考にして挑戦してみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう

ガネ者Twitter@ganeja_

コメント

タイトルとURLをコピーしました