陰口が多い会社で働くデメリット!陰口を言う人は何を考えているの?

社員やお客様の「陰口が多い」会社で働くデメリットを説明! Work

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

「あの人は仕事ができない」

「この会社は給料が低い」

「あのお客様は苦手」

今回はその様な「陰口」が飛び交う職場で働いている方に、デメリットを説明します。




①陰口が多い職場で働くデメリット

それでは具体的なデメリットを3つ話していきます。

1.仕事へのモチベーションが下がる

これは本当に良くない影響です。
職場は人によっては「一生を過ごす場所」です。
日常的に陰口を聞く環境は、日々のストレスに繋がり、モチベーションの低下から、仕事の生産性も下がってしまう可能性もあります。

2.その環境に馴染まないといけない

陰口が日常的に飛び交う職場では
注意する人がいない」ことから、陰口を言う事が普通になっている可能性があります。
その環境に適応する為に、少なからず自分自身も陰口に共感する必要があります。

3.対象になる可能性がある

その環境に馴染めない場合は
自分が対象になる」可能性があります。
陰口を言われていない保証はありません。
気が強い方なら耐え切れるかもしれませんが
これからも続けていく職場の人間関係は
できる限り円滑に過ごしたいですよね。

②陰口を言う人は何を考えている?

陰口を言う人はいったい何を考えているのか?

3パターンで説明していきます。

1.共感してくれる仲間を探している

陰口を発する人は「共感」を求めています。
共感してもらうことによって
自分が言っている事が「正しい意見」なのか
陰口を通して確認しているのです。

2.他人の評価を下げたい

一番厄介なタイプかもしれません。
陰口の対象より「優れている」と思われたい。
人の陰口を言う人はこの様な思考にあります。
中には「無意識」で話している人もいる事から、非常に厄介です。

3.癖になっている

日常的に使っている人の場合は
癖になっている」可能性があります。
周りの人が陰口を聞いてしまう事が原因ですが、自分の言葉が人を不快にしてるとは考えておらず、日常会話として話している可能性があります。




③「陰口」を言う人の対処法

対処法は「極力近づかない事」です。

共感」するメリットは一切ありません。

実際に体験していると思いますが、

陰口を言う人には「陰口を言う人」が集まります。

人の陰口や揚げ足を探す時間は、仕事の能力を向上させる時間に当てたり、職場で前向きな仲間と過ごす時間に使いましょう。

もちろん、人生の選択肢には「転職」という手もあります、キャリアアップで給料が上がる可能性から、職場の環境が今より良くなれば、精神的にも健康に過ごせます。

おすすめの転職エージェント2選を記事にしておりますので、転職を考えている方は必見です。

おすすめの転職エージャント2選!新しく転職活動を始める人は必見!
転職活動に転職エージェントは利用していますか?この記事では私が「本当に利用して良かった」転職サービス2選を紹介しております。転職活動を始める方はサポートが充実しているエージェントサービスを利用してみましょう。

私が実際に経験した事例ですが、上司や幹部が「陰口」を言っている会社は注意してください。

個人を尊重し合い、チームとして業績を上げることが会社だと考えている私は「退職」という道を選びました。

その体験も記事にしているので【実体験】退職代行を使ってブラック企業を退職した話を読んでみてください。

【実体験】退職代行を使ってブラック企業を即日退職した話。
明日にでも会社を辞めたいと思っていませんか?この記事では「私が会社を辞めると決断した理由」と「退職代行を使ってどんなメリットがあったのか」を説明いたします。会社に言い出せない人は退職代行を利用しましょう。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

このブログでは私が経験した仕事やビジネスの体験談を記載しております。

また、次の記事でお会いしましょう。

ガネ者Twitter@ganeja_




コメント

タイトルとURLをコピーしました