ブラック企業の人手不足は改善できるのか?具体的に説明します。

Work

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

職場の業務量が多すぎて人手が足りない

人が足りないからと言って、仕事をやらないわけにはいかないので、残業しながら仕事を続けている。

その仕事をできる人は自分しかいない。

業務量が多いことによって、自分もストレスを感じてしまい、残業によって自分の自由な時間も失うことになります。

今回の記事では、ブラック企業の人手不足が改善できるのか?そのような話を具体的に説明しています。




なぜ人手不足になるのか

人手不足を改善するためにも

なぜ人手不足になるのか?

考えなければいけません。

会社の利益を考えるのも必要ですが、利益と同時に、社員の定着率も大切にしなければいけません。

新人や社員が辞めていくと言う事は、会社に定着しない環境が出来上がっているということです。

あなたがもし経営者ならば、自分の会社が出勤しづらい会社や、働きにくい会社だと社員に思われているのは嫌なことですよね。

教育担当や上司である人もそうだと思います。

なぜ人手不足になってしまうのか?

具体的に知っていきましょう。

労働条件が合わない。

自分が求人を見て応募したにもかかわらず、

給料が少ない・残業が多い」など

そのような事が主な原因だと思います。

例えば、給料20万円と記載しているのに、蓋を開ければ18万円に皆勤賞2万円など、募集要項と違うような内容だと、新入社員は離れてしまいます。

残業時間も少ないと記載し、毎日1〜2時間以上あるような会社では、募集要項と相違があり新人社員も離れていくのは当たり前ですよね。

仕事が自分と合わない。

仕事が黙々と作業する仕事だとしましょう。

1人で作業することが好きな人は大丈夫ですが、チームワークを意識したり、人と話をしながら仕事を進めていく仕事が好きな人もいます。

そのような人は仕事が合わないといった理由で、

会社を離れていってしまうでしょう

一人一人に対して任せる仕事を任せることによって、定着率も上がっていくと思います。

社内の人間関係が問題

会社に入社したが、上司や同期と気が合わずに会社に通うのがしんどい。

そのような状況から

会社を離れていく社員も多くいます。

特に会社での「人間関係に悩まされる人」は多いですよね。

パワハラやセクハラもまだまだ現実的な問題です。

強制的な飲み会の参加や付き合い残業など

新人の人達は上手く乗り切らなればいけません。

フリーランスで働く人が多い。

令和に入りフリーランスで働く人が多くなったと感じます。

特にYouTubeなどの影響で、個人が稼ぐと言う発想が世の中にも浸透した事が影響だと思いますが、個人で稼ごうと動いている人が多いのは確かです。

最近では「副業をしても良い会社」は多くなっています。

会社の安定が当たり前じゃなくなってきた世の中だからこそ、個人を尊重した働き方は重視して行かなければならないと思います。

他にも社員1人に対しての業務量が多い事で、会社を離れて行く人もいます。

そのような状況だと感じている人は仕事の割り振りが自分だけ不平等なときの対処法を記事にしておりますのでご覧ください。

「私だけ多くない?」仕事の割り振りが自分だけ不平等な時の対処法。
仕事をしていると、仕事の割り振りが明らかに自分だけ多い気がする。具体的には、周りの社員の仕事量が少ない。自分だけが「仕事量が多くて不平等」だと思っている。そんな悩みを持っている皆さんに改善策や対処法あるのか?そのような話をしていきたいと思います。

会社によっては改善できる

人手不足は会社によっては改善できます。

特に残業や労働環境を見直すことによって

労働者の定着率が大幅にアップしていきます。

私が会社にいいなと思った制度は

①土日祝日が休み。
②休憩時間とは別にリフレッシュ休憩がある。
③ボーナス制度がしっかりしている。

上記のような項目があれば、

多少辛いことがあっても社員は頑張っていけます。




新入社員が環境を変えるのは難しい。

ちなみに、新入社員が会社を変えるのは

不可能だと考えましょう

組織として出来上がった会社の常識を

1人の新入社員の意見で変えるのは難しい。

例え可能だとしても、相当な労力が必要になるので

無理するよりかは転職をお勧めします。

大切なのは労働者目線

会社で大切な事は利益ではなく

労働者目線で組織を作っていくことです。

自分が経営者である限り、

利益を見ることは大切ですが

仕事を回している社員は利益よりも大切です

現場で働いている社員には、この会社で働けて良かったと思ってもらえるように考えながら経営を続けていきましょう。

これは経営者だけではなく、上司の人も志す必要があります。

本当に労働者とwinの関係が築けているのか、転職率が低い会社の場合は見直す必要があります。

新人が育たない会社は未来がない。

厳しい意見を言いますが

新人が育たない会社は未来がありません

新人だからやめても大丈夫、業務に支障はない。

そのような発言をする人がいますが、そんな人こそ会社のことを考えた発言だとは思いません。

会社の未来と真剣に向き合っている社員の場合、なぜ新人がやめてしまったのかを見つめ合い、改善策を立てるはずです。

新入社員が研修1日目に会社を辞めたくなる理由に新人が辞める理由をまとめてありますので、ぜひこちらもご覧ください。

新入社員が研修1日目に会社を辞めたくなる理由【実体験】
就職活動を終え、会社に就職した新入社員。会社に出勤したのは良いものの「初日の研修で心が折れてしまった」そんな経験をした事がある人は多いと思います。会社の雰囲気なのか人間関係、多忙な業務が影響なのか、今回は何故新入社員が辞めてしまうのかを話して行きます。

効果的な改善策とは

もちろん人を雇うことが大切ですが、人を準備することだけが全ての改善策ではありません。

いろんな大企業を見ているとわかりますが

ほとんどの作業をシステム化させています。

自分の会社で行っている作業を人の力ではなくシステムやロボットの力でカバーできないか、一度考えてみましょう。

高額なシステムもありますが、社員1人を雇って行く費用を考えると、コストパフォーマンスが良かったりします。

人件費を削減しながら社員にはメリットを提示する。

そのような形を徹底していれば、

必ず良い組織が生まれていきます

具体的な改善策を提示していきましたが

考え方や改善策を知ることによって

人手不足は必ず解消することができます。

できる限り社員が働きやすい職場を提供して

会社の定着率を上げる事に意識していきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

ガネ者Twitter@ganeja_




コメント

タイトルとURLをコピーしました