ECサイト運営の正社員になるには?未経験者に必要最低限のことを紹介!

ECサイト運営の正社員になるには?未経験者に必要最低限のことを紹介! Work

ECサイト運営の求人を見つけたけど

ECサイトの正社員になるには

どんなことが必要なんだろう?

そんな疑問を持っている人に、ECサイト運営の正社員として実際に働いている私が、ECサイトの正社員になるために最低限必要な子ことを紹介します。

ECサイト運営の正社員になるには

オフィスワークって憧れますよね。

ECサイトの運営で働くには、基本的にパソコンを使うことができれば誰でもなることができますが、その中でも必要最低限のことを覚えておきたい項目を紹介します。

未経験者が最低限必要なこと

私は転職を通してECサイト運営を2社の会社で経験しているので、未経験者が最低限理解しておいた方が良いことを3つ紹介します。

面接の際にも話すことで合格に繋がるので、積極的に把握していきましょう。

①ECサイトの仕組みをしりましょう。

ECサイト運営に応募する前に

ECサイトの仕組みは理解しているでしょうか?

簡潔に説明しますが、

販売している商品をお客様がネットで購入する

基本的にはこのような流れになっております。

Amazonや楽天を利用したことがある人には、より具体的に伝わると思いますが、商品をネット上で購入すると、ECサイト運営会社が商品を梱包して、配送会社に配達してもらう仕組みになっています。

これらを理解しておくことがスムーズに面接で話を進めることが可能です。

必ずと言っていいほど、ネットショッピングの経験があるか?などの質問をされます。

②メルカリなど、家にある商品を売る

メルカリやフリマアプリで家にある使わない物を売ってみましょう。

実際に出品した商品が売れた時には、自分で商品を梱包して配送会社や郵便局に持っていかなければいけません。

それらの経験を事前にしておくことで、入社後に流れをつかみやすくなります。

フリマアプリなどで売りやすい商品は着なくなった服やクリアしたゲームがおすすめですよ。

③会社が取り扱っている商品に興味を持つ

応募先の会社が取り扱っている商品に興味を持ちましょう。

応募先の会社ではどんな商品を販売しているのか?

具体的に理解しておくことで

面接での会話も弾ませることができます。

入社後に商品を把握することから始まるので、事前に勉強してくる応募者を逃がすようなことはしないでしょう。

ECサイト運営は将来性がある

話のまとめに入りますが

ECサイト運営には将来性があります。

①コロナで業界の売り上げが急増した

コロナの影響で様々な会社が倒産した中で、ECサイトを運営していた店舗は例年より売り上げが増加している会社もあります。

実店舗が不利になった世界でも売り上げを伸ばすことに成功しているため、今後さらに盛り上がる業界になります。

実際に参入してきているメーカーも増えており、これから更にECサイト運営を経験している人材は必要になるでしょう。

②接客業ではない

接客がないので、精神的にも楽な特徴があります。

クレームは少なからず発生しますが、目の前で問題が発生する実店舗とは違い、電話越しになるので、接客が苦手な人にも良い職業だと言い切れます。

コロナなどにも最適なので、目指すうえでデメリットはないでしょう。

質の良い求人サイトで転職先を探そう。

これからECサイト運営を仕事にしようと検討している人は、私が転職に利用した「リクルートエージェント」で求人を探す事をおすすめします。

求人の質は転職サイトの中でもトップクラスです。

登録後にしかみることはできませんが、公開されている求人の90%で一般公開されていない企業の求人になっております。

文字で説明されても実感はわきませんが、求人はCMで流れているような大企業も多く掲載されておりました。

自分の人生の選択肢を広げるためにも見ておいて損はありません。

リクルートエージェントの口コミや私の体験談をまとめた記事がありますので、こちらも是非ご覧ください。

【最新版】リクルートエージェントの口コミや評判は最高?私が利用した体験談
「もっと給料の良い会社に転職したい」転職を考えたときに、最初に思い浮かぶ転職エージェントと言えば、リクルートエージェントです。今回の記事では、そんな大手の転職エージェント「リクルートエージェント」について、実際に私が転職に利用した体験談も含め紹介いたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

私も現在ECサイトで働いておりますが、この仕事は本当に手に職と言えます。

いつクビになっても転職先を探せる自信がつくので、皆さんにもおすすめの職と紹介させていただきました。

少しでもECサイト運営に興味を持ってくれた方がいれば嬉しいです。

また次の記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました