仕事のブランクが気になる!転職活動に前向きに慣れない時の対処法!

仕事のブランクが気になる!転職活動に前向きに慣れない時の対処法! Work

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

自分の仕事のブランクがあることによって、

転職活動に対してネガティブになってしまう。

前職から期間が空いてる事により「その期間は何していましたか?」と聞かれる事に前向きになれない

更に業務スキルや社会人意識が薄れているのでは?

応募先にそう思われるか心配ですよね。

特に面接では、そのような点を聞かれることが多いので、何て言えばいいか分からない。

今回は、そんな悩みを抱えている皆さんに「ブランクに対するネガティブな考えを変える方法」を紹介していきます。




①ブランクはポジティブに捉えよう

面接官の人に「この期間は何をしてましたか?

この1年や2ヶ月は何をしてたんですか?

と聞かれた時の対処法を紹介します。

最初に結論を言いますが

自分を成長させる為に使ったと話しましょう。

前職を辞めてから面接に来るまでの期間

何をしてきたのかがとても重要です。

②具体的な説明が効果的

応募した職場で使えるスキルを磨いていたなど具体的に伝える事によって、面接は有利になります。

必要なのは、面接官に仕事以外でも学ぶ意欲があるという意思を伝えることが大切です。

本当に資格の取得や、クリエイティブな知識を学んでいたり、Photoshopやイラストレーター・プログラミングの練習をしていた。

IT系の仕事だと、ブランクの期間にそのような勉強をしていた話にすると「有利に面接を立ち回れる」と思います。

ただし、1年や2年ブランクが空いてしまっている場合は、どうしても自分を成長させる時間に使っていたという理由には長すぎます。

フリーランスとして稼ごうとしていたなどの理由が、最も有利ではないかと考えられます。

③個人の力が会社の力になる

少し前の考え方だと副業やフリーランスをしている人は「会社以外でも仕事をしている」と認識され、あまりよく思われなかったのですが。

今後の社会では、自分で稼ぎ方を発想して、実行していく能力など、売り上げを出したい会社からすれば、そのような人材が欲しいはずです。

逆に言えば、とても優秀な人材に対して

報酬を出すから会社に来てくれ

と言う話は結構聞いたことがありますよね。

もちろん、優秀な人材はフリーランスで活躍していた人や、大企業で活躍していた方などが、主に引き抜きを受けます。

同じように自分で稼ぐ力はもちろん、自分で仕事をとってくる力があれば、うちに来てほしい。

そんなふうに考える経営者は結構多いのです。

仕事のブランクをメリットにするには

①「資格の勉強をしていた
②「技術系の勉強をしていた
③「フリーランスとして仕事をしていた

具体的な話をして、良い印象を与えましょう。




④ブランクを乗り越えて未来へ

自分がブランクをネガティブに抱えていることによって、転職活動をする事が億劫になっている人も多いと思います。

そんな人はブランクをメリットに考え、

前向きに行動していきましょう

具体的に転職活動をしようと思っている方もいると思いますが、転職活動で色んな企業の求人を見てみたい人はリクルートエージェントのお勧めです。

求人サイトの中でも大手求人サイトで「非公開求人」が90%の割合を占めています。

無料で使えるところも良いところなんですが、

企業からのスカウトや、キャリアアドバイザーのサポートを無料で受けることができるので、自分の選択肢を広げたい方は必見です。

実際に私が利用した中で使い勝手が良かった厳選した転職サービス2選も記事にしておりますので、こちらからご覧ください。

おすすめの転職エージャント2選!新しく転職活動を始める人は必見!
転職活動に転職エージェントは利用していますか?この記事では私が「本当に利用して良かった」転職サービス2選を紹介しております。転職活動を始める方はサポートが充実しているエージェントサービスを利用してみましょう。

転職活動は大変ですが

ストレスを背負う」のはもっと大変です。

無理のない程度に1歩ずつ進んでいきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

ガネ者Twitter@ganeja_

コメント

タイトルとURLをコピーしました