「こんな会社は気をつけよう」ブラック企業の特徴を実体験からまとめてみた。

「こんな会社は気をつけよう」ブラック企業の特徴を実体験からまとめてみた。 Work

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

今回は、ブラック企業の特徴を実体験からまとめたものを紹介していきたいと思います。

ネットで調べると色んな情報が出てきますが、

実際に働いた私だからこそ言えることや「特に酷かったこと」を具体的に書いていきます。




ブラック企業の特徴を知ろう

この記事を読むことによって、自分の働いている会社がブラック企業なのかどうかを判断して、

退職や転職を検討する材料になれば嬉しいです。

残業時間が多い。

残業時間が多いと文字で書くのは簡単ですが、残業時間が半端じゃありませんでした。

通常の場合は、労働基準法で「月45時間以上の残業」をさせてはいけなのですが、私の会社の場合、平均的に残業が3~4時間がありました。

本当に酷い日は、朝の9時出社に対し、夜中の3時まで働いていたことがありました。

平均的に3時間でも20日間働くことによって

月の残業時間は60時間になります。

当時の私は社会人になりたてで

残業ってこんなにあるもんなんだな」と普通に受け入れていましたが、今では考えられません。

残業を普通にしてはいけない。

残業が多い会社で働いてしまっている人は

それが普通になりかけていると思いますが、普通の会社は、定時や1時間程度で仕事は終わります。

仕事の効率化を考えて、仕事を終わらせることも企業の役目ですので、効率化ができていない会社からは離れるべきです。

小規模の会社の場合は、残業時間を減らすこともできるかもしれませんが、付き合い残業のようなサービス残業は絶対にしてはいけません。

あなたの人生の時間は限られています

大好きな趣味の時間や、リフレッシュ

自分の大切な人と過ごす時間にしましょう。

離職率がとても高い。

実際に私が働いていた会社もそうですが、離職率が半端じゃありません。

私が入社したときに同期が5名いたのですが、

同期5人とも全員辞めてしまいました。

同期が辞めて行っても、妻がいる私にとって、会社を辞めるわけにはいかないと思い続けていましたが

人手不足によって、過酷な労働と残業が多かったことが原因で「私も退職の道を選びました

社員1人に対しての作業量が多い。

残業時間が多いことによって社員が辞めていき、社員1人に対しての作業量が増えるという悪循環がずっと繰り返えされていきます。

そのような環境からブラック企業が作りあげられることもあるので、同じような状況になっている会社で働いている人は、環境を変える必要があります。

精神がすり減る前に、早く脱出してください

離職率が高いことによって、求人を出す頻度など、分かりやすい特徴がありますので、転職活動の際は注意して見てみてください。




就業規則やルールがない。

10人以上の社員を働かせている事業所の場合は、

就業規則を作成しなければいけないのですが、

10人以下の会社の場合でも、就業規則等のルールは明確化する事が大切です。

社員の家族や従業員を守るための契約内容やルールが決めてあるのか?など、社員を安心させるルールを決めておく事で「会社の信頼」に繋がります。

私が働いていた会社も就業規則がない会社でした。

当時の私はあまり気にしていなかったのですが、少しでも大きな会社に転職したら分かった通り、当たり前のように就業規則は用意されています。

そのような環境を避けるためにも

就業規則をいただくようにしましょう

もし就業規則を貰えないような会社の場合は

転職や退職をすることが大切です。

私たちの会社にはルールがありません。

と言ってるようなものだからです。

実際にブラック企業で働いたことがある私からすると、以上の4つはかなり見分ける事が出来るポイントだと思います。

転職や退職も道の一つ。

既に働いてしまっている人で、ストレスがかかっていると感じている人は転職の道に進みましょう。

転職活動するなら大手求人サイトの

リクルートエージェントが良いですね。

リクルートエージェントは「非公開求人」が90%の内容で求人が掲載されています。

私も利用して驚いたのですが

中には大企業の求人も多数登録されていますね。

それに対して料金が無料で、キャリアアドバイザーのサポートや、企業からのスカウトも無料で受けることができます。

とても良いサービスなので、非公開求人だけでも自分の選択肢を広げるために見てみることをおすすめします。

私が実際に利用した転職エージェント2選も記事にしておりますので、こちらからご覧ください。

おすすめの転職エージャント2選!新しく転職活動を始める人は必見!
転職活動に転職エージェントは利用していますか?この記事では私が「本当に利用して良かった」転職サービス2選を紹介しております。転職活動を始める方はサポートが充実しているエージェントサービスを利用してみましょう。

転職先を見つけてから退職する事は金銭的な話も大切ですが、もう心が限界だと感じている方は、今すぐでも退職することをお勧めします。

私もなかなか会社に言い出せずに悩んでいましたが「精神的に限界が来て」退職することにしました。

どうしても会社に退職を言い出せずに、

退職代行を使って会社を退職した経験があります。

その時の話は退職代行を使ってブラック企業を退職した話を記事にしておりますので、こちらをご覧ください。

【実体験】退職代行を使ってブラック企業を即日退職した話。
明日にでも会社を辞めたいと思っていませんか?この記事では「私が会社を辞めると決断した理由」と「退職代行を使ってどんなメリットがあったのか」を説明いたします。会社に言い出せない人は退職代行を利用しましょう。

転職や退職は大きな人生の分かれ目ですが、実際に転職した後に楽しく仕事をしている私が居ます。

キャリアアップしたい人にも、転職することをお勧めします。

今では3時間ほど平均的に残業していた私も定時退社で帰っています。

残業があるときには1時間が平均」といった環境で仕事をさせてもらってます。

退職や転職をネガティブに考えずに、未来へのステップだと考え、転職活動をすることがお勧めです。

それでは長々と話しましたが

最後までご覧いただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう

ガネ者Twitter@ganeja_

コメント

タイトルとURLをコピーしました