これって不平等?仕事の割り振りがおかしい時の改善策や対処法を紹介

これって不平等?仕事の割り振りがおかしい時の改善策や対処法を紹介 未分類

こんにちは、ガネ者@ganeja_です。

仕事をしていると、上司からの仕事の割り振りが明らかに自分だけ多い気がする。

この記事を読んでいる方は、そんな経験をした事があるんじゃないでしょうか。

具体的には周りの社員の仕事量が自分より少ない。

自分だけ仕事量が多い気がする

その様に悩んでいる人たちに改善策や対処法あるのか、そのような話をしていきたいと思います。




仕事の割り振りがおかしい会社はある

最初に正直な話をすると「仕事の割り振りがおかしい」会社は意外と多くあります。

私も仕事を与える立場で働いていたことがあり、自分の部署ではありませんが、他の部署で明らかに仕事量が多い社員がいたのは確かです。

今回は、そのような立場になってしまった人が、どのように対策をすれば良いのか、具体的な話をしていきたいと思います。

①割り振りがおかしくなる理由

仕事の割り振りが偏ってしまう社員には、ある特徴があります。

仕事のスピードが早い。

まず1つ目は仕事のスピードが速い

簡単に言ってしまえば、他の社員より仕事ができてしまうといった理由です。

本当に社会の不平等な部分ですが、仕事ができればできるほど、責任がある仕事を振られます。

仕事を指示する立場からすると、まだ余裕がありそうだから仕事を任せてしまう。

仕事が終わっていない人に仕事を渡しても、作業が進まない為、仕事ができる人に仕事が回っていく仕組みになっています。

そのような状況になっていて、作業が定時までに終わらずに、残業があるような会社は、離れることを検討して良いと思います。

仕事が任せやすい。

もう一つの理由は「仕事が任せやすい

仕事が任せやすい人、話しやすい人は上司から仕事を任されがちです。

私も下積み時代に断ったら何か思われる、嫌われるんじゃないか、そんな考え方をしていました。

もちろん職場では、イエスマンになった方が評価も良く、昇格しやすい事は確かだと思います。

上司や社長によっては、仕事の配分は適切な量になっていくので、1番の原因はその仕事を配分しているリーダーや上司の責任だと思います。

解決策は、正直に仕事の配分がおかしいことを話してみましょう。

話してみた結果、仕事を適切に振るように改善してくれた場合は、会社に未来があると思います。

逆に「他の社員が遅いんだから貴方がやってくれ」と仕事を任せてくるような会社には、見切りをつけていくことが大切です。

会社で残業を続けて、プライベートの時間を使っても、あなたにプラスの点がありません。

強いて言えば、残業代が出る事が救いです。




他の社員が無能。

もう一つの理由は「他の社員が無能な」ことです。

これはグループワークで必要なことですが

他の社員の協力をしようとしない。

仕事の効率や速度を気にしていないメンバーがいる

工場など、決められた個数を作る仕事だと優秀ですが、オフィスワークや接客業ではもちろん、スピードや効率を重視して行かなくてはなりません。

この悩みを抱えている貴方だからこそ、

周りにそのような人がいるかもしれません。

改善策としては、一緒に成長する事を大切にして

チームの仕事効率を上げていく事」が大切です。

上司を含めて、どうやってチームを育てていくか、

チームの方針や目標を決めていきましょう。

上司が仕事をできない場合

最悪のパターンとしては「上司が仕事をできない」パターンです。

そのような組織で働いている場合は

見切りをつけて転職を考える必要もあります。

仕事の割り振りがおかしいのは、その仕事を配分した上司の責任だと言っても、過言ではありません。

上司が話を聞いてくれる人なら、改善はできますが、社員の話を聞けないような上司の場合、その会社に期待はできなくなってしまいます。

改善策としては転職をするか、トップの社長や課長に相談することです。

仕事の割り振り、業務量はおかしいのに対して、社長も上司の方を持つような発言や行動をする会社の場合は、退職する事をお勧めします。

私も過去に、社員が辞めすぎた結果、業務量が増えすぎて、退職代行を使ってブラック企業を退職した経験があります。

その話を記事にしておりますので、こちらからご覧ください。

【実体験】退職代行を使ってブラック企業を即日退職した話。
明日にでも会社を辞めたいと思っていませんか?この記事では「私が会社を辞めると決断した理由」と「退職代行を使ってどんなメリットがあったのか」を説明いたします。会社に言い出せない人は退職代行を利用しましょう。

②仕事量が多いときのデメリット

仕事量が多い時のデメリットは、貴方が少ないと思っている社員と、給料が全く同じと言うことです。

仕事量が少ない社員と給料が同じ

同じ給料の社員が、自分より全然仕事をしていない状況が続きます。

これは誰が考えても苦痛です

その環境で仕事を続けていくのは、

かなり苦しいと思います。

耐えられない場合は、上司に業務量や社員の事を相談してみましょう。

他の社員より責任が重い。

仕事量が多いことによって

必然的に責任感が重くなっていきます

他の社員は2つしか仕事を担当していないのに

自分だけ4つ抱えているような状態は、必ずプレッシャーになってきます。

プレッシャーに向き合って仕事をしていける人なら大丈夫ですが、大概の人はそうではないと思います

会社は5年~10年と仕事を続けていく場所なので、

ストレスがかかる環境の場合は改善する必要があります。

残業時間が増える。

仕事量を抱えることによって「残業が発生する

残業が増える事で、自分のプライベートの時間が減っていきます。

作業時間が増えることによって、良い事は1つもありません。

中には残業代をもらえるから働きたい人もいるかもしれませんが、早く帰って大切な人と過ごしたり、趣味の時間に費やしたい人も多いと思います。

金銭面では良いですが、プライベートの時間を削ることはデメリットになりますので、出来るだけ仕事量が多い状況を変えていきましょう。

③平等はずっと背負っていく。

上司や社長に話しても、問題が改善されない場合。

不平等な状況はずっと続いていく」と思います。

声を発したのに改善されない、そのような状況に陥ってしまった人は、転職先を探しましょう。

正直に言ってしまうと「ブラック企業」です。

そのような環境であなたのプライベートの時間を削る事はありません。

必要な仕事量を与え、

大切に扱ってくれる企業に転職しましょう。

ブラック企業あるある6選と言う記事を書いた事がありますが、その記事にも載っている通り優秀な人材は見切りをつけて、会社から離れていきます。

見切りをつけられた結果、優秀な人材が残らない会社になります。

そうなってしまうと、新しく入ってきた新入社員も離れて行き、更に悪循環が始まります。

実際にこの記事を読んでいて「うちの会社だ!

と思った方もいると思います。

新人は会社の未来と言えます。

新人が育たない会社環境で働いている意味はありません。その会社に未来がないからです。

根強く決まっている会社の風習や、仕事の型を個人の社員が変えることは、難しくなっています。

何とか改善しようとする行動は大切ですが、それをしたうえで、もうダメだと思った時には、見切りをつけて脱出しましょう。

私も転職をした人間の1人ですが、転職前の自分より、はるかに良い暮らしを今はしています。

皆さんが少しでも良い職場環境に、身を置けることを祈っております。

また次の記事でお会いしましょう。

ガネ者Twitter@ganeja_



コメント

タイトルとURLをコピーしました